ハワイの不動産屋さんの選び方

ハワイの不動産屋さんの選び方

2011-10-24

ハワイの不動産会社とエージェントとの関係。

まず最初に、日本の不動産業者との違いについてお話しましょう。

こちらでは、日本で言う不動産業者(個人)のことを、「不動産エージェント」と呼びます。
日本の業者(個人)は、雇用されている会社の社員として、お給料+歩合制での収入が多いです。
対してこちらでは、完全成功報酬という場合がほとんどです。

ハワイのエージェントは、ほとんどが、”インディペンデント・コントラクター”と言って、独立した契約社員です。

どういう契約になっているかというと、エージェントは、どこかのブローケージ・カンパニー(不動産会社)に所属しています。エージェントが、売買を成約(登記完了)させると、その仲介手数料が所属会社に入ります。

そこから所属会社との契約に基づいた比率の手数料がその不動産エージェントに支払われるという仕組みが一般的です。
ですから、エージェントは所属会社からのお給料はありません。

また、ほとんどのエージェントの場合、個人的にマーケティングをして、自分でお客様を見つけるというのが主流です。
そのため、エージェント個人の写真が載っている広告、個人のウェブサイトなどを見かけることが多いと思います。

前置きが長くなりましたが、こういった業界の仕組みを知っておいて頂いた上で本題に入ります。
エージェントを選ぶ場合、もちろん、会社も大切です。

しかし、それ以上に大切なのが直接やりとりをする不動産エージェント個人です。
こちらでは会社組織の方針の上に個人の方針が大きく影響します。

ですから実際に、売買の仲介を依頼される前に、メール、電話などでのやり取り、そして、最後は直接会ってから、決めるのがいいでしょう。


Facebook公式ページに

いいね!お願いします

ハワイ不動産の最新記事をお届けします

まずは私たちにお問い合わせください。

ハワイの不動産を購入、売却をお考えであればまずは私たちにご相談ください。
多くの日本人の方の不動産売買をお手伝いをしてきた、エージェントとしての経験をもって、あなたの力になります。
もちろん、お問い合わせは全て日本語で大丈夫です。

E-mail info@hawaii-fudousan.net
電話 (808)754-6032 

電話の場合は以下の時間帯のみとなります。

現地時間9時より18時の間
(日本からの電話は日本時間9時から13時の間のみ)

インターネットからのお問い合わせは24時間可能!

時差も気にせずお問い合わせフォームからどうぞ。

もちろんまだ希望がはっきり見えていない場合でも、お問い合わせいただければとおもいます。

もう少しハワイの不動産のことを勉強したい方はメールセミナー

まだ、決めていない、検討中という方であれば私達がおススメしたいのはメールセミナーです。
登録方法は簡単です。
以下のフォームに必要事項を記載のうえ、確認ボタンをおしえてください。
次のページで送信ボタンを押せば登録完了です。
すぐにメールセミナーが届きますよ!

それではあなたのメールセミナーご参加を楽しみにお待ちしています。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME