名義変更までの書類のやりとりについて

名義変更までの書類のやりとりについて

2012-01-17

ハワイの不動産を買う場合

1、気に入った物件が見つかる。
2、購入申込書の作成
3、価格や条件の交渉
4、売買契約が成立
5、エスクローオープン、および、購入手続き開始
6、名義変更完了

このような流れで契約書や書類のやり取りが続きます。

ほとんどの書類は、ファックス、Eメールで送られたもので認められます。
通常、私達からお客様に書類をお送りする場合、Eメールに書類をPDFで添付してお送りします。
それをプリントアウトしていただき、必要事項にご記入いただき、スキャンしてEメールに添付して返送いただきます。

この方法が一番書類の文字がクリアに写ります。

しかし中にはスキャンする機械をお持ちでない方もいます。
その場合はファックスで返送いただくことも可能です。

こちからもファックスでお送りして、ファックスで返送いただくこともできます。
しかし2度ファックスを通すと、文字がクリアーに確認できない場合があります。
また書類の中には、原本でなければ、認められない書類があります。

それは、譲渡書類(権利書の基になる書類)です。

こうした書類はハワイにお越しになられる場合は、私達が同行して、エスクロー会社でサインしていただきます。
この方法が一番、間違いがなく簡単な方法です。

ハワイにお越しになれない場合は、日本でも譲渡書類にサインをしていただくことができます。
ただしアメリカ大使館、領事館でサインをしていただき、ノータリー(公証)を受けていただくことになります。

そして、大使館、領事館でサインとノータリーを済ませていただいた後、原本を返送いただくことになります。
書類のやり取りなどは、実際に購入申込を入れる段階になってからのことですが、事前に知っておくことで、名義変更までの書類のやり取りをあわてることなく進めていただけると思います。

もちろんその都度私たちがしっかりフォローさせて頂くのでご安心くださね。


Facebook公式ページに

いいね!お願いします

ハワイ不動産の最新記事をお届けします

まずは私たちにお問い合わせください。

ハワイの不動産を購入、売却をお考えであればまずは私たちにご相談ください。
多くの日本人の方の不動産売買をお手伝いをしてきた、エージェントとしての経験をもって、あなたの力になります。
もちろん、お問い合わせは全て日本語で大丈夫です。

E-mail info@hawaii-fudousan.net
電話 (808)754-6032 

電話の場合は以下の時間帯のみとなります。

現地時間9時より18時の間
(日本からの電話は日本時間9時から13時の間のみ)

インターネットからのお問い合わせは24時間可能!

時差も気にせずお問い合わせフォームからどうぞ。

もちろんまだ希望がはっきり見えていない場合でも、お問い合わせいただければとおもいます。

もう少しハワイの不動産のことを勉強したい方はメールセミナー

まだ、決めていない、検討中という方であれば私達がおススメしたいのはメールセミナーです。
登録方法は簡単です。
以下のフォームに必要事項を記載のうえ、確認ボタンをおしえてください。
次のページで送信ボタンを押せば登録完了です。
すぐにメールセミナーが届きますよ!

それではあなたのメールセミナーご参加を楽しみにお待ちしています。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME