用語(A~Z)

AOAOとは?

「Association Of Apartment Owners」の略です。
日本語訳すると、アパートのオーナー組合となります。
コンドミニアムの場合、このAOAOが、ビルディングの管理会社といっしょにビルディング全体の管理に携わります。

CMA(Comparative Market Analysis)とは?

CMAは、ちょっと専門的になりますが、今後、ハワイの不動産販売価格表を見る機会がある場合、目にすることがあると思いますので、知っておくといいと思います。

言葉をそのまま訳すと、『比較的な市場分析』となります。

例えば、現在売りに出されている物件の場合、販売物件、販売価格、間取り、広さ、築年、売りにだされている日数などの項目が入った一覧表のことを言います。

これは、ホノルル不動産協会のMLSサイトから出されるもので、ホノルル不動産協会に属しているエージェントがアクセス可能です。

この一覧表を見ると、一目で売り物件情報を見ることができます。

ハワイと日本の不動産価格決定の違い」でも書きました売却価格も、このCMAのフォーマットで見ることができます。

例えば、「ハワイキタワー」であれば、ハワイキタワーで売却された物件のCMAリストを出すことができ、過去6ヶ月間にどのような物件がどれくらいの価格で売買されているかを見ることができます。

Conveyance Documentとは?

日本語で言うと譲渡書類になると思います。日本で言う不動産権利書にあたると思います。
この譲渡書類には、売り手、買い手の名前や、売買物件のインフォメーションなどが載っていますが、売買価格は記載されていません。

この書類に限っては、公証が必要になりますので、エスクロー会社にてサインをされない場合は、日本のアメリカ大使館、領事館にて公証人の前でサインをしていただくことになります。

Dual Agency(二重代理)とは?

1つの不動産エージェントが売主と買主の両方の仲介をすることです。
それをDual Agency(デュアルエージェンシー)といいます。
利益の相反する売主買主の両方の仲介をすることは、ハワイでは理想的な仲介とは考えられていません。
よって、Dual Agencyとなる場合は、売主買主両者の承諾が必要となります。

GETとTAT

GETとは、General Excise Tax の略で、売上税です。
TATとは、Transit Accommodation Tax の略で、ホテル宿泊税です。

ご購入後、物件をレンタル(賃貸)に出して、その収入があった場合には、6ヶ月以下の短期間のレンタルの場合は、GETおよび、TATの納税が必要になります。

HARPTA FIRPTA とは?

正式には、「HARPTA」 は、Hawaii Real Property Tax Act (ハワイ州不動産税法)。
「FIRPTA」は、Foreign Investment in Real Property Tax Act(外国人不動産投資税法)です。

HARPTA

売主がハワイ非居住者の場合、買主が売主の売却金から売却価格の5%を源泉徴収する税法。
実際には、その金額はエスクローを通してハワイの税務署に送られます。

FIRPTA

売主が外国人の場合、買主が売主の売却金から売却価格の10%を源泉徴収する税法。
こちらも、実際にはその金額は、エスクローを通してアメリカの財務省に送られます。
売主は物件を売却した翌年、確定申告をする際、売却益を計算してHARPTA/FIRPTAの源泉徴収された額が払いすぎの場合、還付の手続きをすることができます。

*上記は、現行の税法に基づきますので、後に変更される場合もございます。
詳しくは、会計士におたずねください。

MLSとは?

MLSとは、Multiple Listing Service の略で、直訳通り、複数の売り物件のデータシステムです。

このMLSは、オアフ島の場合、ホノルル不動産協会に加入している不動産エージェントがアクセス可能なデータシステムで、売り物件、売買契約が締結した物件、売却済み物件などのインフォメーションの取得が可能です。

ただし、一般の方も、サイトから売り物件など一部のインフォメーションを見ることができます。

ハワイの不動産を買う場合にはチェックが必要なデータですね。

Property Taxとは?

固定資産税の意味です。
ハワイでは、2月20日と8月20日が納税期日となっております。
1年分をまとめて支払うこともできます。

Prorateとは?

通常、不動産売買の中で使われる場合は、日割り計算のことをいいます。
例えば、管理費や固定資産税などは、名義変更日を境にエスクロー会社が計算します。
名義変更日より買い手の所有となりますので、その日から費用は買い手負担となります。

通常、管理費や固定資産税は、売り手側が前払いしていることが多いので、エスクロー会社が日割り計算をして、エスクロー会社が発行する計算書にのせます。

Square Feet とは?

こちらでは、物件の室内面積、ラナイ面積など、Square Feet (スクエアフィート)で表示されます。
スクエアフィート を平米に変換する場合には、0.09290 をかけます。
また、スクエアフィートから坪に変換する場合には、0.02810 をかけます。

計算の例

900Square Feet=900×0.09290=83.61平米

TMKとは?

Tax Map Key の略です。

文字とおり、税金用地図番号です。
この番号があれば、どの物件か特定することができます。
この番号は、不動産売買手続きの際、必ず必要になります。
コンドミニアムの場合、例えば、ワイキキ・バニアンであれば、

1-2-6-025-005-XXXX 

1 はオアフ島を表します。
1-2-6 でワイキキ地区と特定できます。
1-2-6-025-005 でワイキキバニアンと特定できます。
最後のXXXXは、お部屋番号によって異なります。
一戸建て物件の場合は、最後のXXXX がありません。

SurePay とは?

一般的に、コンドミニアムなどの管理費の支払い方法で、銀行口座からの自動引き落としのことをいいます。

申し込むには、通常、申込書以外にVOID CHECKといって、引き落としをする口座のチェックを無効にしたものが必要です。
無効にするには、チェック全体に斜めに線を引いて、大きくVOIDと書きます。

VOID CHECKとは?

無効小切手のことです。
通常、小切手に大きく ”VOID” と書いて、無効にします。

このVOID CHECKが必要になる場合は、支払いなどを銀行自動引き落としする場合、また、収入などの口座振込みにしてもらう場合などです。

小切手には、口座名義人名、銀行名、口座番号など必要な情報がのっていますので、先方が正確な情報を入手するためです。

例えば、コンドミニアムの管理費の銀行自動引き落としや、賃貸収入を口座振込みにしてもらう場合などです。


Facebook公式ページに

いいね!お願いします

ハワイ不動産の最新記事をお届けします

まずは私たちにお問い合わせください。

ハワイの不動産を購入、売却をお考えであればまずは私たちにご相談ください。
多くの日本人の方の不動産売買をお手伝いをしてきた、エージェントとしての経験をもって、あなたの力になります。
もちろん、お問い合わせは全て日本語で大丈夫です。

E-mail info@hawaii-fudousan.net
電話 (808)754-6032 

電話の場合は以下の時間帯のみとなります。

現地時間9時より18時の間
(日本からの電話は日本時間9時から13時の間のみ)

インターネットからのお問い合わせは24時間可能!

時差も気にせずお問い合わせフォームからどうぞ。

もちろんまだ希望がはっきり見えていない場合でも、お問い合わせいただければとおもいます。

もう少しハワイの不動産のことを勉強したい方はメールセミナー

まだ、決めていない、検討中という方であれば私達がおススメしたいのはメールセミナーです。
登録方法は簡単です。
以下のフォームに必要事項を記載のうえ、確認ボタンをおしえてください。
次のページで送信ボタンを押せば登録完了です。
すぐにメールセミナーが届きますよ!

それではあなたのメールセミナーご参加を楽しみにお待ちしています。

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME